無意識の闇

無意識の闇

フロイトが提唱したことで有名な「無意識」。

「深層意識」とも言われますが、言葉通り「意識していない意識」、いつの間にか習慣化されていて、行動している本人ですら、把握していない「癖」のようなものです。

「抑圧された心」、「意識していない闇」と言い換えることも出来ますが、陰と陽で言えば、陰のイメージの方が強いです。

人は、自分の嫌な部分、認めたくない部分を、決して見ないようにするために、その部分を意識下から隠し、「抑圧」します。

さらにフロイトは、「無意識が行動を支配する」とも言っています。

私たちが、よく行う「うっかり」、「思わず」や「言い間違い」は、この無意識が関係していると思われます。

日ごろ感じている、思っているのに、表面には出さないからこそ、抑えすぎた感情の反動で、真逆の事を「つい、言っちゃう」、「思わず、やっちゃう」という作用が働きます。

例えば、普段から負けたくない!という意識が強い人は、何かに付けて、喧嘩腰になる。

普段から失敗してはいけない、という意識が強すぎる人は、出来もしないことで俄然、張り切る、というようなことです。

健康上、何の問題も無い人が「病気をすれば、みんなが心配してくれる、優しくしてくれる」と、他人の心理を知らず知らずのうちに期待して身体が弱いふりをする、などということも、この「無意識の心理」が関係していると言えます。